はじめに・・・

 

詩にも書きましたが、鈑金塗装はほんとに辛いです。

何が辛いって、はじめのうちはがんばったってきれいにならないんです。

最初は目立たないところにしておきましょう。

ほとんどの方はスプレー缶塗装になると思いますが、

パネルを全部塗らないとかなり目立つと思います。

 

きれいに仕上げるためには

本職の人と友達になる!

これに尽きると思います。

 

 

鈑金塗装基本の流れ

1.部品取り外し

2.鈑金

3.下地処理

4.パテ付け

5.サフェーサー

6.ポリパテ

7.塗装

8.磨き

 

簡単に書くと、こんな感じになります。

 

最近はいろいろな本でも紹介され

CARBOYにも載っていましたが

プロからいわせれば(おいおい(^^;)

まだまだ紹介する方も経験不足ですな。

 

あと、一番最初にやるなら

バンパー補修が一番だと思います。

それも、ヘコミはなく、キズだけ

削って直せるような状態のものが

とっつきやすくてお勧めです。

 

さらに、絶対やってはいけないものとしては

ずばり、「塗装がシルバー」の車です。

(トヨタでいえば色番号199などの、薄い色のメタリック塗装)

缶スプレーでは、どうやったって

綺麗に塗れないです。

プロがいい道具を使ってでも

最後まで苦労するのがシルバー塗装です。

まだ、3コートパールのが楽です。

 

その最大の原因が「ムラ」と呼ばれる

メタリック粒子の並び方の不揃いによる、

塗装の方向性です。

 

なんのことやらさっぱりですね。

簡単に言いますと、

均一に塗ったつもりでも、塗装面が

まだら模様になってしまう現象です。

現象というか、なにも考えずに塗れば

必ず出てきます。

 

最近の1液型高級塗装に関しては

この問題はだいぶ解消されましたが、

プロでも2液型が多いですので、

激安鈑金などに、シルバーの車を出したりすると

まだら模様になって帰ってきたりします。

 

なので、シルバーの車は買わないようにしましょう(^^;)

プロでも大変なんだから・・・

 

TOP